OPA輸入代理店 株式会社日曜社 | パリのお店巡り【前編】
24300
post-template-default,single,single-post,postid-24300,single-format-gallery,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-2.6,select-theme-ver-2.6,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

パリのお店巡り【前編】


ボンジュール!

パリでは3月に2年ぶりの展示会『Maison&Objet』が開かれました。久しぶりのパリということで私もハリキッて行ってまいりまして、展示会だけでなくおしゃれな雑貨店巡りをいたしました。今回は雑貨店巡りを前編後編にわけてご案内いたします。

 

01.Marin montague

リュクサンブール公園の近くにマラン・モンタギュのお店があります。
お店に入ったとたん「ひぇー!かわいい!!!」と思わず声が出てしまいました。

イラストレーターでもあるマランがフランスの職人さんたちとコラボレーションをして作ったアイテムがとってもお洒落に並んでいます。手吹きのグラスやお皿、ゴージャスなノート、、何もかも可愛くて、あまり可愛くない値段も納得のアイテムにすっかりやられました。

Marin montague イメージ
Marin montague イメージ
Marin montague イメージ
Marin montague イメージ

 

02.La trésorerie

スウェーデン出身のオーナーによるセレクトショップへ。フランスを中心に北欧や、日本のものも扱っています。とても人気のあるお店だそうで、向かいに2軒目もオープンしていました。

店内に入るとさっそくオーストリアのRiess社の琺瑯鍋が並んでいました。(Riessとは私たちも10年ほど前からおつきあいがあるのですが、改めてご紹介できるよう誠意検討中です。)

やっぱりかわいいですよね。他には、ステンレスから銅鍋、土鍋までずらっと並んでいます。

La tresorerie イメージ
La tresorerie イメージ

和テイスト(?)ぽいコーナー

La tresorerie イメージ

La trésorerieではカトラリーはすべてオールステンレス系で揃えていました。このなかにもクチポールがあるのですが、おわかりになりますか。

La tresorerie イメージ

超難問ですが、真ん中の段の右側にRondoがあります。

写真を撮り忘れましたが、ブラシ類はレデッカーが多かったです。外観も撮り忘れた~と思ったら、お向かいの新店舗から撮れていました。

La tresorerie イメージ

 

03.Merci

さて、お次にご紹介するのはマレ地区にあるMerci、洋服からインテリア、キッチン雑貨まで揃う大人気のセレクトショップです。伺ったときは、中古のモノや破棄されそうなモノの再利用・アップサイクルされた洋服やテーブル/インテリア雑貨が特集されていました。

こちらはすべて廃棄品の再利用・アップサイクル作品です。

Merci イメージ
Merci イメージ
Merci イメージ
Merci イメージ

クチポールは欠品中。

Merci イメージ

こちらにもレデッカーがところどころに。この銅のたわし、個人的にとってもお勧めです。銅は殺菌効果も期待できますし、チクチクせず小回りも利いて使いやすいのです。

Merci イメージ

もう一つ目を引いたのがこちらのカトラリー、フランス生まれのSabreです。プランタンやラファイエットといったデパートに行かないと見れないかなと思っていたのですが、Merciにもありました。かわいい。もうすぐ私たちも日本の皆様にご紹介できるかな、できると思います!(隣にあるリネンももしかしたら!)

Merci イメージ
Merci イメージ

 

04.Welcome to Bazar

次のお店はフランスの生協のようなところが開いているサステナビリティに特化した雑貨店、Welcome bio bazarです。
(Merciもそうですが、心が逸って店舗の外観写真を撮り忘れています。ついでに申しますと、店内で写真を撮ることにも慣れておらず、どうしても隠し撮りしてる気持ちになってしまいまして、結果乱れた画像だらけでした。どのお店にも許可を得て、むしろ「どうぞどうぞ!」と言ってくださるのですが、慣れておらずスミマセン。)

Welcome to Bazar イメージ
Welcome to Bazar イメージ

こちらのお店は1階と地階があり、地階は洗剤やソープ、子どもの雑貨、1階はキッチンとテーブル雑貨が並んでいます。このお店で目を惹いたのはもちろん、こちらです。

Welcome to Bazar イメージ
Welcome to Bazar イメージ

地元の方に伺ったところ、ミツロウラップはパリのマダムの間では日常的に、ごくフツーに使われているとのこと。Bioの代表的なお店で、私たちも扱っているNuts社のかわいいアイテムが選ばれていて嬉しかったです。(PebbelyもNuts社のアイテムです)

ストローもガラス、竹、ステンレスと各種揃っていました。ガラスストローはHALMではなく、どこかの薄いつくりのものでした。HALMを教えてあげたい!

Merci イメージ

こちらにもたくさんのレデッカー。レデッカーは使いやすくて、掃除道具なのに出しっぱなしにしておける可愛さがあり、長く使えるという三拍子そろったブラシです。なので選ばれるのも当然なのですが、やはりサステナビリティを大切にするWelcome to Bazarに並んでいるのを見るのは嬉しかったです。

Welcome to Bazar イメージ
Welcome to Bazar イメージ

Riess社の琺瑯鍋がこちらのお店にも。(私たちも再開を誠意検討しています!)

Welcome to Bazar イメージ

 


 

前編の終わりに、ちょっと町の風景を。
この日に通りかかったルーブル美術館と、うー-ん、どこだっけ、、どこかと、どこか。(スミマセン!)

パリの街並み
パリの街並み

レピュブリック公園。平和への願いを銅像に着せています。

パリの街並み

この日のデジュネ(ランチ)はいまパリで大人気の大衆食堂ブイヨン・レピュブリック店へ。昔ながらの大衆食堂を現代風に蘇らせたブイヨン・ピガール店が大ヒット、その2店舗目のリパブリク店です。
頂いたのは野菜のグラタンと、みんな大好き「プロフィトロール」チョコレートのかかったシューアイス的なデザートです。本当にみんな大好きらしく、周りのテーブルでもみんな召し上がっていました。琺瑯のお皿もかわいい!琺瑯もみんな大好きなのかな。

パリのごはん
パリのごはん

 

以上、パリのお店巡り、前編でした。後編も近日公開予定です。お楽しみに!