OPA輸入代理店 株式会社日曜社 | 銅鍋でジャムを作ってみませんか
24812
post-template-default,single,single-post,postid-24812,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-2.6,select-theme-ver-2.6,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

銅鍋でジャムを作ってみませんか


こんにちは、日曜社広報Yです。

今回は、ジャム作りに最適なフランスの銅鍋、Baumalu(ボウマル)の商品をご紹介します。

 
Baumalu(ボウマル)イメージ

◆ 銅鍋とジャム

Baumaluの銅鍋はジャムづくりに最適な鍋です。
おいしいジャムづくりのための三つの特徴、「高い熱伝導率」と「広い底面積」、「果物の色を美しく保つ銅の効果」を兼ね備えているからです。

銅の熱伝導率は鉄の5倍、ステンレスの24倍といわれます。おいしいジャムづくりのポイントは短時間で水分を飛ばすこと。高くかつ均一な熱伝導はジャムを短時間で煮詰め、フルーツの新鮮な香りや風味を逃がしません。

底面積の広さも、ジャムを熱源に効率よく当て、短時間で仕上げることに貢献します。木べらでの混ぜやすさも余裕あるサイズの恩恵です。

Baumalu(ボウマル)イメージ

さらに銅には、フルーツの変色を防ぐ効果があります。
Baumaluの銅鍋はコーティングをしていないため、銅イオンの成分が働きフルーツの変色を防ぎます。ブルーベリーの紫色、いちごの赤色、マーマレードのオレンジ色。鮮やかな発色は目に嬉しくジャムをおいしく感じさせるだけでなく、食卓に季節感や明るさ、華やぎをもたらします。手製のジャムの鮮やかな色とフレッシュな香り、味で、ご家族や友人を驚かせてください。
※コーティングがないため、砂糖を用いた調理にご使用ください。

ジャムイメージ

◆ 銅製鍋では貴重なIH対応

さらにBaumaluの銅鍋には大きな長所があります。銅鍋では希少な、IH対応バージョンがあることです。

銅はIHの発熱条件となる強磁性を持たないため、IH対応が難しいとされてきました。しかしBaumaluは現代のキッチンにおける利便性を考え、IH対応に挑戦。長い研究期間をかけ、銅鍋に特殊な台座をつけ、IHに対応することに成功しました。伝統と歴史を持つ銅鍋がIHに対応したことは、銅鍋の魅力をより多くの方に届けるきっかけになりました。

Baumalu(ボウマル)3種

私たちは、
・38センチの銅鍋
・26センチの銅鍋(IH対応)
・26センチの銅鍋
を取り扱っています。

Baumalu(ボウマル)ボウルイメージ

また、あわせて銅製のボウルも取り扱いを開始いたします。
銅のボウルは卵白を泡立てる際、銅イオンが卵白の安定性を高める効果を持っており、シフォンケーキやメレンゲを作る際にパティシエたちに珍重されている道具です。
ボウルは20,26,32センチの3サイズをご用意しています。

Baumalu(ボウマル)イメージ

 

ヨーロッパ、とくにフランスでは、銅鍋で季節のフルーツをジャムにし、食卓に出すことと幸福のイメージが結びついているそうです。
それぞれの家庭でジャムを手作りする風習があり、それが懐かしさや温かい気持ちを引き起こすといいます。日本の我々があずきの炊ける香りや出汁の香りに懐かしさを覚えるのと近い感覚かもしれません。

日曜社では道具の紹介だけでなく、各地のそうした幸福のイメージ、風景もご紹介できたらと考えています。