OPA輸入代理店 株式会社日曜社 | BRANDS-風車のナイフ-
23765
page-template-default,page,page-id-23765,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-2.6,select-theme-ver-2.6,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
風車のナイフimage
風車のナイフ logo

ドイツ・ゾーリンゲンのナイフ専業ブランド「風車のナイフ」は、1872年にロベルト・ヘアダーによって設立されました。
ゾーリンゲンは古くから刃物の名産地として知られる地域です。しかし100年前のナイフ製法を今も受け継いでいる工場はほとんどありません。
ゾーリンゲン式のナイフ製法の最大の特徴は研磨です。特に「ブルー・グレージング」という手法は偉大な研ぎ師である故W.Fehrkampt氏がマスターしていたもので、この繊細な工程は、刃に青みがかったような、虹色の光沢を与えます。
風車のナイフは この技術をナイフ作りの根幹と位置づけ、見習い制度を確立。今では年1~2人の若者に2年間をかけて技術を継承しています。かつてゾーリンゲンの名を世界中に知らしめたこの製法により、風車のナイフは 一般的なナイフと違い、刃の根元から鋭く角度が入った、薄くシャープな刃先を実現しています。

ナイフが職人の手を行き来する回数は、67回。 型作り、焼き、研磨、テスト、柄の製造、接合、仕上げ、パッキング。すべての工程を愛情と誇りをもって行い、 力を合わせて最高のナイフを届けています。

その他、風車のナイフのおすすめポイントはこちら!

コラムを読む

取り扱い製品

風車のナイフ Kシリーズ
Kシリーズ

プロフェッショナルのシェフのために、⼈間⼯学の観点を取り⼊れ、もっとも機能的なナイフに仕上げたナイフ。万年筆のように、⻑く使⽤していただくとご⾃⾝ならではの馴染み⽅をしていきます。

風車のナイフ オールドジャーマンナイフ
オールドジャーマンナイフ

先端が丸い形状は、ドイツの最も古いナイフ=オールドジャーマンとして知られるものです。カッティングボードとともに卓上に出し、バゲットやチーズ、サラミをカットするとスマートです。

風車のナイフ ナイフケース
ナイフケース

オールドジャーマンが収まるナイフケースです。素材はフェルトもしくはレザー。小回りが利き、刃先の危なさもないオールドジャーマンは持ち運びに向き、アウトドアシーンとも好相性です。

※他アイテムについては受注発注とさせていただいております。詳細はお問合わせください。